【形成外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科】三鷹台ヒルズクリニック:京王井の頭線 三鷹台駅前

ミラドライ

  • HOME »
  • ミラドライ

切らないわきが・多汗症の最新治療「ミラドライ」

miradry2-1

「わきの臭いや汗が気になるけれど、手術には抵抗がある」
「臭いも汗も同時に治療したい」
「すぐに日常生活に戻りたい」
とお考えの方におすすめのわきが・多汗症の最新治療法です。わき汗に対する治療効果を厚生労働省や米国FDAが認めた医療機器はミラドライだけです。三鷹台ヒルズクリニックでは経験豊富な医師が、臭いや汗の改善に効果を発揮する高品質なミラドライ治療をお届けいたします。ミラドライの副作用を軽減し効果をより高めた独自の手技により、わきが・多汗症のお悩みを解決します。

ミラドライによるわきが・多汗症治療のポイント

osami3-3

ミラドライとは

ミラドライによるわきが・多汗症治療の仕組み

マイクロウェーブの力で汗腺を破壊

osmi3-6

ミラドライは、電子レンジなどで使われているマイクロウェーブ(電磁波)の性質を利用して、わきの臭い・汗の原因となる汗腺を破壊する医療機器です。
わきが・多汗症の原因となる汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)は、皮下2~3mmの層に集中しています。
ミラドライのマイクロウェーブは汗腺の水分に反応して熱を発してダメージを与えて汗腺を壊します。

皮膚を守るシステム

osmi3-7

マイクロウェーブは表皮・真皮を通過した後、皮下脂肪層で抵抗を受けます。真皮層と皮下脂肪層の境目の汗腺の多いエリアにエネルギーを集中させつつ、他の部分には影響を与えないよう設計されています。
更に、表皮から真皮にかけては「ハイドロセラミック・クーリング」という冷却システムで他部位に熱が拡散しないように設計されています。これにより、熱傷の心配をせずに安心して治療を受けていただけます。

ミラドライと従来のわきが・多汗症治療の比較

osmi3-8

ミラドライの効果

厚生労働省やFDAに認められた治療効果

osmi3-9

ミラドライの他にも「皮膚を切らない最新わきが治療」として知られているものはありますが、わきの多汗症治療機器として厚生労働省や米国FDA(日本の厚生労働省にあたる政府機関)から認められているのはミラドライだけです。厚生労働省や米国FDAは機器の安全性・効果を厳しく審査しています。
ミラドライは世界中のクリニックで導入されており、多くの症例実績を持つ信頼できる治療機器なので安心して治療を受けられます。

手術と変わらない長期的効果

osmi3-1-1

ミラドライはボトックス注射のような汗腺の働きを一時的に抑える治療と異なり、わきが・多汗症の原因となる汗腺を熱処理して壊していきます。
一度壊された汗腺は復活しないので、一つひとつ汗腺を取り除く手術治療効果と同じ長期的な治療効果が期待できます。
また、手術と違い切開することがないため傷跡も残りません。

わきが・多汗症を同時に治療できる

osmi1-2

通常のわきが手術では、臭いの原因であるアポクリン腺を目で見て一つひとつ取り除いていきます。ボトックス注射では、汗の量を減らし雑菌の繁殖を抑えて臭いの軽減を目指します。
アポクリン腺・エクリン腺を同時に破壊するミラドライは、わきが・多汗症を同時に改善できる治療法です。汗の量を減らしつつ臭いの原因も取り除くので、より高い治療効果を実感いただけます。

三鷹台ヒルズクリニックのミラドライ

osmi3-11-1

ミラドライはアメリカで開発され、西洋人に合わせて作られた医療機器です。日本人に合わせて麻酔量や麻酔方法・照射方法・レベル調整を改善することによって、わきが・多汗症の治療効果を高めつつ施術中の痛み・術後の腫れといった副作用を軽減させた治療法を三鷹台ヒルズクリニックでは行っております。
その効果を最大限に引き出すには、わきが・多汗症の治療に長く携わってきた豊富な知識と経験を持つ医師が施術を担当する必要があります。
ミラドライ以外にも保険適用可能なわきが手術(剪除法)や自費手術(小切開法)、ボトックス注射など様々な治療も行っております。当院のミラドライは、わきの臭いや汗に悩む患者様と多く向き合ってきたクリニックだからこそお届けできる治療です。

ミラドライ治療の流れ

カウンセリング・診察
osmi3-17
医師がお悩みの症状について詳しくお伺いし、ミラドライの仕組みや施術後の注意点・経過などをご説明いたします。ご不明な点などございましたら、ご質問ください。もちろん無理に治療をすすめることはありませんので、お気軽に受診してください。
※麻酔へのアレルギー、または手術などの既往がある患者様は行えない場合があります。また妊娠中・授乳中の方、ペースメーカーなどの体内留置電子機器を使用している方、酸素補給が必要な方はミラドライを受けることができません。
マーキング
osmi3-12
治療の前に照射位置のマーキングを行います。 発汗する場所と毛のある場所に基づいて治療用テンプレート(位置決めマーカー)を選択し、アルコールを含ませた綿を使って皮膚に転写します。
※事前にワキの毛を剃ってきていただく必要があります。
麻酔
osmi3-13
照射時の痛みを感じないよう、照射範囲に注射で局所麻酔薬を注入します。 最初はどうしても注射による痛みがありますが、すぐに痛みは感じなくなってきます。局所麻酔が完了した後、ミラドライの照射を開始します。
ミラドライ照射
osmi3-14
マーキングに合わせてミラドライを照射していきます。脇の下にハンドピースをあてると、皮膚をやさしく吸い上げて汗腺に熱エネルギーを加えていきます。50秒照射したら、マーキングを目印にしてハンドピースを次の場所へ移動させます。脇の下の大きさによりますが、片わきへの照射にかかる時間は約30分くらいです。麻酔が効いていますので、施術中に痛みを感じることはありません。
※麻酔の効果時間は約2時間です。
冷却
osmi3-15
ミラドライの照射が終わったら、冷却剤をワキに挟み、約10分冷却して終了です。入院は必要なく、その日のうちにお帰りいただけます。

ミラドライ治療後の注意点・アフターケア

osmi3-16

治療後、麻酔効果が切れた後の痛みや違和感には個人差がありますが、施術当日はジンジンとした痛みを感じる方が多いです。また、数日間は腫れ・内出血・むくみなどが続きます。時間の経過とともに元に戻りますが、少しでも早く腫れ・内出血・むくみなどを引かせるためにはお帰りになられてからもアイスパックでワキを冷やしてください。シャワーは施術当日から可能ですし、翌日からはお仕事・学校に行くなど通常通りの生活を送っていただけます。しかし、激しい運動や入浴はしばらく避けていただいた方が良いでしょう。
腫れが引いた後に皮膚の凹凸が気になる場合は、マッサージやストレッチが有効です。 術後の経過についてはカウンセリングや検診の際にも詳しくご案内いたしますが、不安を感じる点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

ミラドライの料金

osmi3-18

わきが・多汗症についてもっと詳しく

miradry3-5
miradry3-6
miradry3-8
miradry3-9
miradry3-10
miradry3-11

osmi7-6

osmi8-6

完全予約制 TEL 0422-76-7722 休診日:水・日・祝

PAGETOP
Copyright © 三鷹台ヒルズクリニック All Rights Reserved.