【形成外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科】三鷹台ヒルズクリニック:京王井の頭線 三鷹台駅前

リデンシティーⅠ&Ⅱ

  • HOME »
  • リデンシティーⅠ&Ⅱ

リデンシティーⅠ 輝く肌への新たなアプローチ

リデンシティーⅠとは

redensity1-1

お肌に悩みを持つ女性はより良い化粧品を求めますが、一方でより良い美肌に有効な治療を求めていることも事実です。リデンシティーは肌の若返りのために定期的なフォローアップに有効です。肌のハリや色合いの低下、くすみや輝きの低下、顔の小じわに対して年齢を問わないお肌の解決法です。リデンシティーⅠは1回/3週間の治療間隔で3回1クールの治療をおすすめしております。自然な仕上がりでスキンケア化粧品では得られない新たな治療法です。

こんなお悩みの方に効果的

肌の潤いがきになる

目の下のくすみ・シワ・小じわ

肌へのビタミン補給

リデンシティーⅠの効果

リデンシティーⅠの作用と特徴

リデンシティーⅠには、ヒアルロン酸、8種類のアミノ酸、2種類のミネラル(亜鉛・銅)、 ビタミンB6、3種類の抗酸化剤(グルタチオン・NアセチルLシステイン、αリポ酸)が含まれています。これにより皮膚の再構築と細胞の再生、皮膚の抗酸化保護、皮膚の水分補給が行われ、治療を重ねるごとに肌のハリや輝きを回復させます。

  • ヒアルロン酸
  • 8種類のアミノ酸
  • 2種類のミネラル(亜鉛・銅)
  • ビタミンB6
  • 3種類の抗酸化剤(グルタチオン・NアセチルLシステイン、αリポ酸)

治療効果と治療経過

  • リデンシティーⅠは1回/3週間の治療間隔で3回1クールの治療を行います。
  • その後は6ヶ月に1回の定期的な治をおすすめしております。

使用量の目安

  • 1.0ml→目の下のクマ・くすみ・小じわ。
  • 3.0ml→上記に加えて頬部や額まで。

リデンシティーⅡ ヒアルロン酸ジェル

redensity2-1

リデンシティーⅡは最新世代のヒアルロン酸ジェルにより、デリケートな部位の治療に適しています。従来とは異なる特殊なジェル状のため、浮腫のリスクを最小限に抑え、デリケートな眼瞼周囲のたるみや口唇周囲のタテじわ・小じわに合わせた低い吸水作用のため最適に注入することが可能です。注入後の違和感、ボコボコ感がなく自然な仕上がりで最新世代のヒアルロン酸ジェル注入製剤です。

こんなお悩みの方に効果的

目元のしわ

眼頬溝(ゴルゴ線)、鼻頬溝(ほうれい線)

口元のしわ

リデンシティーⅡの効果

リデンシティーⅡの作用と特徴

リデンシティーⅡは、ヒアルロン酸を特殊なジェル状にした最新注入剤です。特に皮膚が薄い眼瞼周囲や口唇周囲に適しています。注入後の吸水作用による浮腫も従来のヒアルロン酸より少なく安心して治療を受けて頂けます。

治療効果と治療経過

  • 注入後の違和感が少なく自然な仕上がりで、1度の注入で1年くらい効果が続きます。

治療予約申し込み

治療を受ける方へのお願い

三鷹台ヒルズクリニックは患者様のプライバシー保護とスムーズなご案内のために、完全予約制でご予約をお取りしています。お急ぎの際は、お電話ですと近い日程でもご案内できる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。

リデンシティーのご予約はこちら

予約した日時のキャンセル・変更は、予約日の前々日(2日前)までにご連絡ください。施術に関して、ご予約時間から10~15分以上遅刻された場合は、後日の施術に変更させていただく場合がございますのでご了承ください。

注入後の注意事項

  • 注入後の多少の赤み、腫張、軽度の痛みは出現しますが、それは正常な反応です。個人差はありますが早い方は2~3日で、遅い方では1~2週間程度で消失していきます。
  • 内出血を起こす可能性がありますが、1~2週間程度で徐々に消えていきます。
  • 細い針で注入しますが、注入時に多少の痛みや違和感が出現します。
  • 注入直後から洗顔・メイクは可能ですが針穴部分には化粧を塗り込まないでください。
  • 注入されたヒアルロン酸は少しずつ吸収されるもので一度得られた効果は永久的なものではありません。定期的な治療をおすすめしております。

リデンシティー注射 Q&A

リデンシティーⅠとリデンシティーⅡの違いは何ですか?
リデンシティーⅠとリデンシティーⅡは共にヒアルロン酸注射ですが、リデンシティーⅠはしわを改善させると言うよりかは、美肌を目的にした水光注射手技を用いた美容成分注射です。リデンシティーⅡは本来のヒアルロン酸注射と同じですが、ジェル状で滑らかなので目元・口元に特化した次世代ヒアルロン酸ジェルです。
リデンシティー注射時の痛みはありますか?
リデンシティー注射も基本は注射なので無痛と言う訳ではありません。特に水光注射手技を用いたリデンシティーⅠの注射は広範囲のためクーリング・必要であれば麻酔クリームを使い、痛みを軽減させて受けていただいた方が良いかもしれません。
リデンシティー注射の副作用はありますか?
非動物由来の成分が主流で、これらの製品は不純物として含まれるたんぱく質の量が極めて少ないためアレルギー反応を起こす可能性は低くなっています。内出血の可能性は『針を刺す』すべての治療においてあります。
注射跡は残りますか?
注射針は極微細な注射針を使うためほとんどわかりません。しかし、注射針を刺す行為は厳密には皮膚を傷つける行為なので2~3日は注射跡の赤みは続きます。当日からお化粧は可能ですが、注射跡にはお化粧を塗り込まないでください。
リデンシティー注射の持続期間はどのくらいですか?
リデンシティーⅠは1回/3週間の定期的な治療をおすすめしております。リデンシティーⅡは6~9ヶ月くらいで徐々に吸収されてきます(※効果の持続期間には個人差があります)。
注入したリデンシティーを溶解することは可能ですか?
ヒアルロン酸分解酵素により注入したリデンシティーⅡを溶解することは可能です。お肌に良くなじむヒアルロン酸なので溶解する必要性はほぼありません。

フィラーについて

sc2-2
sc2-4
sc2-7
sc2-3

料金はこちら

 

完全予約制 TEL 0422-76-7722 休診日:水・日・祝

PAGETOP
Copyright © 三鷹台ヒルズクリニック All Rights Reserved.