【形成外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科】三鷹台ヒルズクリニック:京王井の頭線 三鷹台駅前

ミルクピール・トリートメント

  • HOME »
  • ミルクピール・トリートメント

ミルクピール・トリートメント

milkpeel

ミルクピール・トリートメントとはフランスで20年の歴史を持つDERMACEUTIC社が開発した複合ピーリング剤です。
①グリコール酸 ②乳酸 ③サリチル酸
の3種類の酸を配合し、相乗効果により各ピーリング剤のメリットを最大限に発揮させています。
短時間の施術でダウンタイムが少ないのも特徴の一つです。
今までのピーリング剤では物足りなかった方はミルクピール・トリートメントによる『ハリ感』『つや感』を是非お試し下さい。
より透明感のあるキメ細やかな『陶器肌』へと変わっていき、同時にお化粧のノリも良くなってきます。

こんなお悩みの方に効果的

お肌のハリ・つや

しみ・くすみ

毛穴の開き・黒ずみ

ミルクピール・トリートメントの効果

ミルクピール・トリートメントの作用と特徴

グリコール酸

α―ヒドロキシ酸(AHA)の一つで、分子量が小さくお肌に浸透しやすい性質を持っています。古い角層を融解・剥離させターンオーバーを促進させます。また真皮のコラーゲンや弾性線維に作用して、お肌にハリを持たせる効果もあります。 グリコール酸ピーリングは濃度や塗布時間により皮膚への深達度が変化するため、その日のお肌の状態に合わせて調節していきます。

乳酸

α―ヒドロキシ酸(AHA)の一つで、グリコール酸より分子量が大きいためお肌の浅いところに作用する性質を持っています。乳酸は皮膚への刺激が少なく、美白作用が高いためしみ・くすみ・アンチエイジングを目的に適したピーリング剤です。

サリチル酸

β―ヒドロキシ酸(BHA)の一つで、脂溶性で肌になじみやすい性質を持っています。角層の毛包内まで均一に融解・剥離作用があるため、毛穴の角化抑制や肌のキメの規則性が回復してきます。
角層のキメが整うことによりお肌の保湿機能が改善されてきます。また、真皮のコラーゲンや弾性線維の再生・増生の期間がグリコール酸より長いため、お肌のハリや滑らかさが持続します。

治療効果と治療経過

  • 基本的には約2~3週間間隔で約5~10回の治療を繰り返し受けることをおすすめしております。
  • ミルクピール・トリートメントで古い角質を取り除いて、『ハリ感』『つや感』がある陶器肌へと導きます。
  • お肌のターンオーバーを正常に戻して行くことにより、毛穴の汚れや角層にあるメラニン色素が少しずつ排出されていき、しみ・くすみ・そばかす・黒ずみが徐々に改善されていきます。
  • 角層のキメが整うことによりお肌の保湿機能が改善されてきます。
  • 真皮のコラーゲンや弾性線維の再生・増生によりお肌のハリ・小じわが改善してきます。
  • ご自宅のケアとしてはハイドロキノン+トレチノインを併用していただくと、効果をより早く実感できます。

施術後の注意事項

  • お化粧は治療直後からしていただけますので、いつも通りの生活を送りながら治療ができます。
  • 治療直後に軽い赤味やヒリヒリとした感じが残ることがございます。
  • 2~3日は一時的にお肌が乾燥しやすくなっていますので、保湿ケアを心がけてください。
  • しみの再発予防や次回の安全な治療のためにも、屋内で窓側にいるときや外出時は日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をしてください。UVケアも重要な治療の一つですので、必ず塗るように心がけてください。
  • 稀に、治療部位に赤みや腫れ、水ぶくれ、毛穴が赤く腫れる場合がございます。その場合はご連絡ください。

治療の流れ

治療の流れ1
1.クレンジングでメイクや余分な皮脂を落としていきます。
治療の流れ2
2.ホットタオルで拭き取ります。
治療の流れ3
3.ピーリング剤を塗布します。

治療の流れ4
4.ピーリング剤を拭き取り、中和していきます。

治療の流れ5
5.10~15分程、冷却します。

治療の流れ6
6.仕上げに化粧水、乳液をつけます。

治療の流れ7
7.その後、お化粧してお帰りいただけます。

ミルクピール・トリートメント Q&A

ミルクピール・トリートメントとはどんな治療ですか?
ミルクピール・トリートメントとはグリコール酸+乳酸+サリチル酸を配合した複合ピーリング剤を使用するケミカルピーリングです。今までのピーリング剤では物足りなかった方はミルクピール・トリートメントによる『ハリ感』『つや感』をお試し下さい。より透明感のあるキメ細やかな『陶器肌』へと導いてくれます。
治療後に赤みが出たり、乾燥肌になりますか?
ミルクピール・トリートメントは角質を剥がしていく(溶かしていく)治療ですので、多少の赤みや乾燥はどうしても出てきてしまいます。角質を剥がしているので美容液の浸透はしやすく、お肌の鎮静目的も兼ねてイオン導入やエレクトロポレーションの併用をおすすめしております。
治療間隔や治療回数はどのくらいですか?
ミルクピール・トリートメントの治療間隔は約2~3週間間隔で約5~10回の治療を繰り返し受けることをおすすめしております。しみ・くすみがある場合はライムライト(フォトフェイシャル)などを併用するとより効果的です。

soudan-orange

料金はこちら

完全予約制 TEL 0422-76-7722 休診日:水・日・祝

PAGETOP
Copyright © 三鷹台ヒルズクリニック All Rights Reserved.