【形成外科・皮膚科・美容皮膚科・美容外科】三鷹台ヒルズクリニック:京王井の頭線 三鷹台駅前

肝斑・くすみのレーザー治療

  • HOME »
  • 肝斑・くすみのレーザー治療

肝斑・くすみのレーザー治療

platisma

○肝斑 ○炎症後色素沈着 ○くすみ ○黒ずみ ※肝斑は保険適応の内服治療薬もございます

medlitec6-1

肝斑とは

一般的に30~50歳代女性の約3~4人に1人の割合であると言われているシミで、頬部周辺に見られる薄茶色をしたシミの一種です。比較的広い範囲に、はっきりしないモヤッとしたシミで、額や口の周辺にできることもあります。
肝斑は、妊娠や経口避妊薬をきっかけにできることもあり、女性ホルモンとの関係が指摘されています。
また、過度のマッサージやクレンジングによる物理的な刺激で増悪する場合があります。紫外線により濃くなることもある為、紫外線対策をする必要もあります。
MedLite(メドライト)C6は、トップハット型と呼ばれる平らな形をしています。これはビームを皮膚深層までムラなく照射範囲のまま均一にエネルギーを届けることができます。トップハット型と呼ばれるレーザー方式のため肝斑(かんぱん)にもレーザートーニングという有効な治療が行えます。 肝斑のレーザートーニングは単独でも効果はありますが、トラネキサム酸の内服・外用を併用した方が治療効果は高くなります。治療回数や治療期間はそれなりにかかるシミですので、複数回のレーザートーニング治療をおすすめしております。

こんなお悩みの方に効果的

肝斑

炎症後色素沈着

くすみ・黒ずみ

レーザートーニングの効果と特徴

シミ・肝斑

MedLite(メドライト)C6(Nd:Q-YAGレーザー)の1064nmの波長で低出力照射をする治療法により、穏やかな加熱でメラニン色素を非侵襲的に除去し、炎症後色素沈着やお肌の中に沈着しているメラニン色素を少しずつ破壊・抑制しながら症状を改善していくことができます。回数を重ねて安全に肝斑を徐々に改善していきます。最大10Hzの高速連射により、全顔にわたる広範囲の治療も素早く行えますので短時間で終わります。

治療効果と治療後の経過

  • 肝斑(シミ)やくすみの改善、色素沈着、黒ずみを改善していきます。個人差はありますが、2~3回目くらいから肌質が明るくなったことを実感していただけると思います。
  • 治療後に軽い赤みが出る方もいらっしゃいますが、通常数時間後には赤みが治まり、ダウンタイムはほとんど無く、内出血やかさぶたなどの心配もありません。もちろん、テープや軟膏などのアフターケアは不要で当日からお化粧をしてお帰りいただけます。
  • お風呂や洗顔など日常生活への制限もありませんので、いつも通りの生活を送りながら治療できます。

施術回数と頻度

  • レーザートーニング治療は基本的に1回/1週間の間隔で5回程度の治療から開始していきます。その後は1ヶ月に1回のペースで、お肌や肝斑の状態に合わせて治療していきます。
  • 顔のシミやくすみ以外にも、体の色素沈着や黒ずみなどの治療を行うことも可能です。
  • レーザートーニング治療後はお肌に赤みがでている状態です。イオン導入エレクトロポレーションを組み合わせていただくとクーリング効果とイオン導入成分が浸透してダウンタイムがより短くなります。
  • 肝斑に関してはトラネキサム酸+ビタミンCの内服をおすすめしております。
  • ご自宅のケアとしてはハイドロキノン+トレチノインを併用していただくと、効果をより早く実感できます。

施術後の注意事項

  • お化粧は治療直後からしていただけますので、普段通りお過ごしいただけます。
  • 治療直後~数時間後まで、軽い赤味やヒリヒリとした感じが残ることがあります。
  • シミの再発予防、次回の安全な治療のために、屋内で窓側にいるときや外出時は日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をしてください。UVケアも重要な治療の一つですので、必ず塗るように心掛けてください。
  • 過度のマッサージやクレンジングによる物理的な刺激は避けるようにしてください。

治療の流れ

クレンジング
1.クレンジングでメイクや余分な皮脂を落としていきます。
QYAG
2.肝斑に対してレーザートーニングを行っていきます。
クーリング
3.クーリングを兼ねてイオン導入を行っていきます。
お化粧
4.その後、お化粧をしてお帰りいただけます。

レーザートーニング治療 Q&A

レーザートーニンング照射時の痛みはありますか?
軽く弾かれる感じはありますが、我慢できる程度の熱感です。
ダウンタイムはありますか?
治療後はひりつき感や赤みが出ることがあります。治療直後からお化粧は可能ですので安心して治療を受けていただけます。
レーザートーニングの治療間隔はどのくらいですか?
治療効果は少し遅れて出てくるため、複数回治療されてから実感されることが多いです。最初は1週間間隔で5回ほど治療していきます。徐々に治療間隔を開けて、その後は1~3ヶ月に1回のペースで、お肌や肝斑の状態に合わせて治療していきます。

soudan-orange

料金はこちら

完全予約制 TEL 0422-76-7722 休診日:水・日・祝

”お悩みから探す"
epi-res
美容皮膚科
美容外科
ワキガ
二重まぶた

”美容ブログ"
ITO
”cellnew"
”サンソリット"
VISTA
”buggyeyelid"
”まつ毛育毛"
”ザガーロ"
”耳鼻咽喉科サイト"
”耳鼻咽喉科ブログ"
”Drネットワーク"
”スタッフ募集"

PAGETOP
Copyright © 三鷹台ヒルズクリニック All Rights Reserved.